さとう式リンパケア

反り腰さんのセルフケア

笑顔があふれるカラダつくり請負人の佐々木です。
皆さん、腰痛ではありませんか。

反り腰になっているのは
腰椎を支える筋肉の
過剰な収縮によるものです。
こういう人が
普通の人向けの
ケアをすると
逆に
腰痛が酷くなる場合があります。
動画はコチラをクリックして下さい

基本に戻る

笑顔があふれるカラダつくり請負人の佐々木です。
皆さん、時々復習していますか。

どんな技法でも同じですが

習って、習いっぱにしていませんか。

新しい事を習って

一週間もすれば

ほとんどの人の記憶は

とても曖昧になります。

そして我流になります。

復習や再確認できるなら

そうした方が良いですよ。

特にセラピストさんは

今までの癖がありますから

基本に立ち返る事は重要です。

来店してくれれば

どの先生から習っていても

教えますよ

みんな違う

笑顔があふれるカラダつくり請負人の佐々木です。
皆さんは、結果にばかり注目していませんか。

カラダが痛い。
カラダが重い。
疲れやすい。
痩せない。
太りやすい。

たぶん、イロイロためしてみたと思いますが。
これは結果です。

姿勢が悪いのも結果だし。
肩が凝ってるのも結果です。
結果にばかり注目しても
原因を解消しないと
時間とお金ばかりかかります。

当店の技法は
結果の原因に対してアプローチしています。
同じような症状でも
人によって原因はさまざまです。

それぞれの状態に最適な
技法を使って原因を解消します。

カラダを治しているのは
お客様、ご自身なのです。
私はリンパケアという技法を使って
早く楽になれるように促しているのです。

ですから、真面目に取り組む人は
どんどん良い方向へ向かいますし
アレやコレや言って、
来店しない人は、それなりにしか
改善に向かいません。
本気で、今の状態から
抜け出したいと思うなら
私も全力でサポートします。

一緒に笑顔が思わずでるカラダになりませんか。

たったの一回で

笑顔があふれるカラダつくり請負人の佐々木です。
皆さん、カラダが思うように動かないのは辛いですよね。

最近、五十肩で来店される方が増えています。
腰椎ヘルニアの手術後から
腕に痺れや、肘の痛みと伴に
腕の可動域の制限がかかった方が
来店されました。

2年前の手術からですから
相当辛かったと思います。

左腕の可動範囲は90°で
これ以上は痛くて上がらない状態です。

この画像は初回の変化です。
ここまで痛みもなく上がっています。

肩がコルのは姿勢が悪いから?

笑顔があふれるカラダつくり請負人の佐々木です。
皆さん、姿勢が悪いから肩がコルと思っていませんか。

肩コリの原因について
よく聞かれる言葉が
◆ 姿勢が悪いから
◆ 同じ姿勢でいるから
◆ 筋肉が固いから
◆ 血行不良だから
◆ 親も肩コリだから

そのいずれも不正解です。

そこがよく分かっていないから
リラクゼーションなどでは
症状が出てる部位を
グイグイ押したり揉んだりします。

押したり揉んだりすると
筋肉は余計に固くなります。
若い頃から親と一緒に
マッサージを受けてる方や
毎週揉んでもらってる人の筋肉は
ガチガチに固まっています。

それは
筋膜を傷つけられ
筋肉組織がボロボロになってるので
再生の過程で固くなってるからです。

肩コリになるのは
他のところに原因があります。

顎を動かす筋肉と
胸の大きな筋肉が収縮してるからです。

顎を動かす筋肉が収縮すると
頭が下がって首が引っ張られます。
胸の筋肉が収縮すると
肩を巻き込んでしまします。

ココをゆるめると
引っ張られている筋肉が
ゆるむので肩首が楽になるのです。

まれに
全身に力を入れっぱなしの人や
過去に痛い思いをして緊張する人や
痛みが残ってると思い込んでる人は
同じ技法でもゆるみにくい傾向がありますが

何度も同じ体験をする事で
脳が新しい情報を記憶することで
緩みやすくなってきます。

限りなく弱い圧で触れて
腕を動かしたり
呼吸を誘導してるだけですが
肩首がふぁふぁになります。

さとう式を体験してみませんか?
ご予約はフォームからお願いします

超簡単ヒップアップ

笑顔があふれるカラダつくり請負人の佐々木です。
皆さん、キュっと上がったヒップが簡単にできます。
簡単だからやってみて下さいね。

では、本日も動画をどうぞ。

動画はココをクリックして下さいね

弱い圧とは

笑顔があふれるカラダつくり請負人の佐々木です。
皆さん、この強さは習得するのにコツがあります。

動画があります。ココをクリックしてください。

セルフケアの勧め

笑顔があふれるカラダつくり請負人の佐々木です。
皆さん、カラダって自分でケアできるんですよ。

さとう式には、イロイロな種類があります。
ただ単に施術をする技術だけではなく
自分自身のケアをする事もできます。

You tubeや書籍も沢山出ています。
詳しくわからなくても
それなりに結果を出す事ができます。

ただ、強さや方向などは
インストラクターやマスターに
習わないと理解しにくいと思います。

全国に沢山のインストラクターや
マスターがいますから
気になる方は、相談してみて下さい。
セミナーの案内や指導を受けられます。

当店でも随時受付ております。
セルフケアは部位に応じて
イロイロな方法が沢山ありますので
当店では、主要なケアを教えています。

気になる方はご連絡下さい。
ココをクリックすると
そのままフォームに飛びます

日本人の歩き方

笑顔があふれるカラダつくり請負人の佐々木です。
皆さんは、ちゃんと歩けますか。

こういう質問をすると
「勿論、歩いていますけど何か?」
って言われると思いますが。

では、今の歩き方で
疲れずに長距離を歩いたり
体重より重い荷物を持ったり
できるでしょうか?
と聞くと答えられませんよね。

そもそも古来より
日本人は独特の歩き方をしていました。

日本人の歩き方の伝統を守っているのが
日本舞踊や能、狂言、歌舞伎などです。
腰をちょっと落としてすり足で歩いたり
腰を高い位置で脚を交差させるように歩く
大工や鳶職人、
若い娘の内股歩きなど
身分や職業によっても
歩き方は違っていました。

また日本人は歩く時に
腕を振りませんでした。
これも身分や職業で違います。

神主などの神官は
手のひらを両腰の前で組みました。
商家の手代は前掛けの下に入れました。
武士は、左手で袖口を軽く握るか
刀のそばで軽く拳を握り
右手には扇を持つか
軽く拳を握って右腰の近くに置きました。

日本人は足の親指に力を入れて
履物を足先で引っ掛けるようにして
歩きました。
古来からある履物に足半という
履物があります。
「あしなか」と読みます。
ちょうど前半分しかない草履みたいな
形をしており、足の指は草履の前にでます。

これは足の親指に力を入れて
踏ん張るようにして歩くから
踵の部分があると邪魔になったからです。

さとう式の屈筋理論は
古来の日本人が普通にできていたものを
理論的に説明し再現できる技術です。

当店でもインソール基本セミナーで
詳しくお伝えしています。
立ち方や歩き方でお悩みの方は
受講されてみませんか。
随時受け付けていますので
お申し込みフォームからどうぞ。
ココをクリックして下さいませ

相性が良いさとう式

笑顔があふれるカラダつくり請負人の佐々木です。
皆さんは、どんな技法のお店に行かれていますか。

巷にはイロイロなお店があります。
リラクゼーションマッサージ
カイロプラクティック
アロマトリートメント
足つぼ・・などなど
イロイロな技法がありますよね。

さとう式は、押したり揉んだり
捻ったり、流したり、引張ったりしませんが
どんな技法とも相性がいいんです。

固く縮んだ筋肉は
強い力で押されたり
揉まれたりすると
筋肉線維を包んでいる膜が
傷つき破れます。

そこから周りの組織へ
中の体液が漏れるので
一時的に筋肉が柔らかくなります。

そのまま放置しておくと
筋肉の膜が再生する過程で
強い痛みを伴いますが

この傷つけられた筋肉でも
ゆるゆるふぁふぁに緩めることで
柔らかい筋肉として再生できます。

ですから
どんなに強い刺激を受けてても
再生の過程でさとう式を加えると
良い状態を長持ちさせられます。

勿論、最初から
さとう式でゆるめるに越した事が
ありませんことは言うまでもありません。

痛た気持ち良いのがお好きなら
その後すぐに来店予約してくださいね。
筋肉を包んでいる膜は
約一日で再生されますからね。

ご予約はネットで簡単にできます。
コチラをそのままクリックして下さいませ